じんFP事務所は名古屋の中小企業に特化したFP事務所です

コラム

2020/06/12

家庭科の授業で投資信託<家計管理>の授業がはじまる!

 

(最近の若者は、わからない・・・。)

社員の年齢が離れるほど、関わりが薄くなるほどジェネレーションギャップを感じる人がいるみたいです。

 

 /

 歩み寄る努力はしていますか?

 \

 

 

私も若い世代の言葉や行動に理解を難する時があります。

遅刻や欠席は、メールで。

寝落ちするまでラインで繋がる

SNSでもTikTokとかさっぱりです(笑)

 

 

 

ですが、若い世代の価値観を認めずに、(俺の時代はこうだった)では社員が成長しません。

全部合わせる必要はありませんが、教育のカリキュラムも指導方法も変わっています。

若い世代の価値観に合わせたコミュニケーションを取っていきましょう。

 

 

2022年度から高等家庭科で<家計管理>の授業がはじまります。

日本のマネーリテラシーの向上を図るためですね。

 

 

株式や債券、投資信託などの基本的な金融商品を学ぶことになります。

金融庁は、学校の先生たちを対象に資産形成の講義をする予定です。

 

 

若い世代の金融教育がやっとはじまりますね。

私も学生の頃から学びたかったです、本当に!

 

 

お酒離れ

車離れ

高価な買い物をしない

 

上司が飲みに誘っても気軽に断る世代。

さとり世代と呼ばれてますね。

 

 

若い世代は、先々のことに不安を覚えているんですね。

 

 

(この会社は、いつまで続くんだろう。)

(退職金は、アテにならない)って。

 

 

 

高等家庭科の授業で<家計管理>の授業が行われるということは、よりシビアな堅実的な社員が増えるかもしれないです。

公的保障制度の理解や金融リテラシーの向上が国の狙いです。

 

 

会社の中では、何人の社員が資産形成に取り組んでいますか?

社員への<マネー教育>も会社の研修に取り入れていく時代だと思います。

積極的に導入していきましょう!

 

 

社員に対して、何ができますか?

大企業のようにお給料や手当を出せない分、社員への教育に力を入れてみませんか?

社員が自分の人生設計を考えることで、将来への期待が膨らみ、仕事の意欲も高まると思います。

 

 

学校教育で【金融】という授業がはじまろうとしています。

会社の福利厚生の中にも徐々に取り入れていきましょう。

 


 

じんFP事務所では、社員教育研修を実施しています。

お見積り、打ち合わせは無料です。

まずは、お気軽にお問い合わせください!

 

じんFP事務所

代表

祖父江 仁美

お問い合わせ

  • クレド活用のご提案
  • お客様の声
  • 実績
  • コラム
  • 人物紹介
  • イデコ
  • SBI証券の企業型確定拠出年金制度

column
コラム

お気軽にお問い合わせください

contact