じんFP事務所は名古屋の中小企業に特化したFP事務所です

コラム

2020/06/07

自宅待機を命じられた!【傷病手当金】を申請しましょう

 

先日、Twitterで呟いたら

「妊娠の時に知りました。」

「仕方なく有給消化していました。」

などのコメントが多かったので、

【傷病手当金】について書いてみようと思います。

 

 

というのも、

中小企業の多くが、自宅待機や長期療養に関して、

ほぼ有給消化で処理する傾向があります。

 

 

有給ですべて処理する必要はないと思います。

国の制度、お得に使っていきましょう。

 

 

 

傷病手当金とは・・・?

 

傷病手当金は、

  • ■インフルエンザやコロナウイルスなど休養を余儀なくされたとき
  • ■病気(ガン、妊娠など)やケガ(骨折、レジャー時の交通事故など)で療養するとき
  • ■入社して6カ月以内で、有給が使えないとき(その場合、3日間は無給)

 

など社員とその家族を守るためにできた制度です。

(健康保険法第104条による継続給付の要件を満たしている者は除く。)

 

 

 

 

3日間の待期期間が認められると

傷病手当金は、

賃金の3分の2を休んだ日の4日目から最長1年6カ月支給されます。

 

 

 

 

インフルエンザで5日間休んだ場合、4日目から傷病手当金が支給

イメージはこんな感じです。

 

有給が10日間あるとして、

1日目~3日目は、有給を消化。

4日目と5日目は、傷病手当金を申請すれば、

全ての有給を使うことなく、欠勤することができます。

 

 

 

あまり知られていない制度ですが、

会社員であれば、誰でも活用できるお得な国の制度です。

 

参考になれば幸いです。

じんFP事務所

代表

祖父江 仁美

お問い合わせ

  • クレド活用のご提案
  • お客様の声
  • 実績
  • コラム
  • 人物紹介
  • イデコ
  • SBI証券の企業型確定拠出年金制度

column
コラム

お気軽にお問い合わせください

contact