じんFP事務所は名古屋の中小企業に特化したFP事務所です

コラム

2020/05/27

給料と社会保険がかけ離れる??注意して!

気づいたら5月も終わろうとしていて、

年を重ねるたびに1年が早く過ぎていくように感じます。

 

社会人になって、

はじめてお給料をいただき、

初任給で両親にギフト券をプレゼントしたのを覚えています。

 

そんな中、こんなこともあったなーという事件(自爆)を思い出しました(笑)

 

私は、20代の頃、

完全歩合制で生命保険の外交員をしていました!

 

営業成績は、

可もなく不可もなく、

当たり障りのない社員だったのですが。。

 

4月、5月、6月とものすごく好成績を出してしまい、

お給料が、

普段の4倍近くになっていました。

あのポテンシャルはどこから来たのか今はナゾ(笑)

 

 

基本給ではなく、

<成果給の部分と時間外手当>が一気にあがったんですね。

 

金融機関に勤めていたとはいえ、

当時は、かわいい(自称)24歳だったので、

増えたお給料にホクホクだった私は、

かなり財布の紐が緩んでしまいました。← ズボラ丸出しですね。。

 

 

その結果・・・

同年9月から1年間、

健康保険と厚生年金がものすごく上がってしまったのです..涙

 

 

給与と徴収額がかけ離れる?

手取りで20万前後の私のお給料から

ビックリするくらいの厚生年金と健康保険が引かれており、

 

何かの間違いだ!と

すぐに保険会社の相談センターへ電話しました。

 

でも、間違いじゃなかったんですね。

お給料からは、

  • ■ 所得税
  • ■ 住民税
  • ■ 雇用保険料
  • ■ 厚生年金、健康保険
  • ■ 介護保険料(40歳から)

と税金と保険料、他組合費などが差し引かれて、

手取り収入が支給されるわけですが、

 

厚生年金と健康保険は、

4月、5月、6月の給料の平均額で決まるため

その間に(正式には、前月の3月、4月、5月)稼ぎすぎてしまった私は、

9月からの給料と差引額がかけ離れてしまったのですね。

 

1年間、ずっと金額が変わらないので

その分、稼いで何とかするしかなかったです。

 

会社も言ってくれればいいのにーと何度思ったか..怒

この時期は、決算月だか新入社員獲得月だか

いろいろとおだてられて、

がんばって営業しちゃったんです・・・。

 

今回のコロナウイルス騒動で、

お金に関して敏感になった方も増えたかと思いますが、

給料って当たり前にもらえるものじゃないです。

そして、知らないところで【損】をしているかもしれません。

 

私のように歩合制で働いている方、

残業をしている方は、

注意してくださいね。

じんFP事務所

代表

祖父江 仁美

お問い合わせ

  • クレド活用のご提案
  • お客様の声
  • 実績
  • コラム
  • 人物紹介
  • イデコ
  • SBI証券の企業型確定拠出年金制度

column
コラム

お気軽にお問い合わせください

contact