じんFP事務所は名古屋の中小企業に特化したFP事務所です

コラム

2020/04/01

投資教育より<社会保障教育>に力を入れる

 

生活における<社会不安>から

お金に関する情報に敏感になった人も多いかと思います。

 

こんな状況だからこそ

飛び交う情報に怯えず、

学びを止めてはいけないですね。

 

じんFP事務所では、

名古屋の中小企業向けに

 

  • ■ライフプラン研修
  • ■クレドを活用した社内ブランディング研修(理念研修)
  • ■企業型確定拠出年金(401k)投資教育
  • ■貿易ゲーム

 

などの企業研修を実施しておりますが、

今回のコロナウイルス騒動により

自分で<情報を得る力>が必要だと改めて思いました。

 

マネーリテラシーの向上も大事ですが、

社会保障<年金や保険、税金の仕組み>を理解してもらうこと!

社会保障教育に力を入れていく予定です。

 

 

投資教育より<社会保障教育>に力を入れる

年金や保険の理解を深めましょう!

 

ここ数日、基準価格が下がったこともあり、

「解約した方がいいですか」

「積み立てを止めた方がいいですか」

などの相談が数件来ておりました。

 

金融リテラシーの低い日本では、

株価の大暴落など

経験のないことに直面すると

ビックリする人が多いみたいです。

 

そういう人に限って、

「国はアテにならない!」とか

「将来年金はもらえない!」とか

安易に投資をはじめてしまいます。

 

だったら最初から

投資なんかしない方がいいですね。

 

 

社会保障を学ぶと日本がどれだけ優れた国か理解できる!

 

確定拠出年金の投資教育を実施しても、

自発的に情報を調べるなど

加入者が、やる気にならないと

伝えても意味がないです。

 

投資は、損得だけで考えるのではなく、

自分で体験して失敗し、学ぶものだからです。

 

今回のコロナウイルス騒動のような

社会不安に陥る可能性は、この先も出てきます。

 

本当にきちんと学ばないと

将来困る可能性が出てきます。

 

社会保障教育は、

学ぶことで、<投資の必要性や興味>に繋がります。

 

金融機関の営業マンは、

間違った認識を持っている人が多いです。

金融商品を販売するのが目的ですからね。

 

企業研修を通して、

社員一人一人に、

社会保障<年金や保険、税金の仕組み>をしっかりと伝えていきます。

 

じんFP事務所

代表

祖父江 仁美

お問い合わせ

  • クレド活用のご提案
  • お客様の声
  • 実績
  • コラム
  • 人物紹介
  • イデコ
  • SBI証券の企業型確定拠出年金制度

column
コラム

お気軽にお問い合わせください

contact