じんFP事務所は名古屋の中小企業に特化したFP事務所です

コラム

2020/03/30

企業型確定拠出年金(401k)の企業側メリット~①社会保険料の削減が見込める~

 

企業の退職金制度として、

中小企業でも、企業型確定拠出年金(401k)の導入をされる企業が増えてきました。

 

 

企業側のメリットを一つずつ紹介していきます。

 

 

①社会保険料の削減効果が見込める

 

月額200,000円の給与を受け取っている社員が、

毎月10,000円を企業型確定拠出年金に拠出することで、

本来200,000円に対し課税所得がかかるが、

課税対象が、190,000円になります。

 

給与が、200,000円/月→190,000円/月に変わることで、

社会保険料の等級が下がるため、社会保険料の企業負担が減ります。

詳しくはコチラ⇒ 社会保険料 額表(協会けんぽホームページより)

 

社員の給与額が下がることで、

その分の社会保険料の事業主負担が減額されます。

 

 

企業型確定拠出年金の一番のメリットは、

社会保障費の削減が見込めることです。

 

社員数と拠出金額をもとに、

どのくらい社会保障費が削減できるかシミュレーションが出せます。

気軽にお問い合わせくださいね。

 


 

※ 社員数と拠出額によっては、削減効果がない場合もあります。

導入前の企業側の理解は必要です。ご注意ください。

 

じんFP事務所

代表

祖父江 仁美

お問い合わせ

  • クレド活用のご提案
  • お客様の声
  • 実績
  • コラム
  • 人物紹介
  • イデコ
  • SBI証券の企業型確定拠出年金制度

column
コラム

お気軽にお問い合わせください

contact