じんFP事務所は名古屋の中小企業に特化したFP事務所です

コラム

2020/03/27

「保険+証券」のハイブリット時代が来る!

 

仕事より作業、

作業より勉強の時間が多い3月。

 

自業自得です…(笑)

 

他のファイナンシャルプランナーや保険代理店の経営者は、

WEBセミナーに切り変えたり、他のキャッシュポイントを持っていたり。

 

私も考えるきっかけになりました。

 

4月から巻き返します。

 

今は、仕事に繋がる作業をひたすら行っております。

研修会社に登録したり、テレアポしたり、資料つくったり。

 

そして<助成金の勉強>に力を入れております。

仲間の経営者が、いち早く知りたい情報を

伝えられるファイナンシャルプランナーになるためです。

 

 

新型コロナウイルス騒動を機に

「法律」や「社会保障制度」が変わるでしょう。

それに連動して、金融商品も変化していくと思われます。

 

新しい知識は、

常に入れていかないといけないですね。

 

 

「保険+証券」のハイブリッド時代が来る!

 

恥ずかしながら・・

最近の私は、学ぶことを後回しにしていたせいで、

知識の引き出しが鈍っただけでなく、

提案の質が落ちていると感じます。。

 

仕事相手として、

このままでは選ばれないと思い、

今、遅れを取り戻すように学んでおります。

 

 

ある保険代理店の経営者から

「保険と証券」をハイブリッドで提案できないと

これからの時代は生き残れないと言われました。

 

 

ファイナンシャルプランナーと聞くと、

「保険屋さん?」と聞かれることが多いです。

保険のイメージが日本は強いからですね。

 

日本の保険代理店は、

保険会社の保険を販売して、販売手数料をもらう。

それがオーソドックスなフィーの取り方です。

 

でも、保険業界に求められる提案の形は、

今後は、独立系FPに近づいてくると教えていただきました。

 

 

フィービジネスへの移行へ!

 

20代・30代の資産を築く世代は、

まだ資産が少ない分、何かあった時のために生命保険に加入します。

逆に50代・60代の資産を築いた世代は、

同じように保険のみで守る必要があるのか・・・。

 

株式や現金で残してもいいと思うし、

不動産を購入して、家賃収入を得てもいいですよね。

 

もちろん「相続」があるので、

保険を活用した対策も必要です。

 

 

生命保険で守り、

株式・投資信託などで攻める!

 

日本の保険代理店は、

保険の販売手数料で稼いでいますが、

「保険+証券」のハイブリッド時代になれば、

 

フィービジネス

になっていくと思います。

 

同じ先進国のアメリカでは、この流れが当たり前で

お客様の「保障の見直し」と「運用のアドバイス」でフィーをもらっています。

顧問相談料ですね。

 

イギリスでは、

「生命保険の販売手数料を受け取ってはいけない!」

と法律で定められています。※一部

 

じゃー、イギリスはどうやって稼いでいるのか

 

 

それは、お客様の運用成果。

運用報告やポートフォリオの配分指定などです。

 

お客様の運用成果が、+100万であれば、

「100万円の10%の10万円をフィーでください。」

という感じですね!

 

 

そうなるとノルマに追われ、

無理やり保険を販売する営業マンではなく、

知識豊富な頼りになる保険プランナーになれますね。

 

 

フィーを積み重ねていくことで、

固定の収入ができるので

<保全>に時間を割くことが可能になります。

 

 

ガラっとは変わらないかもですが、

今回のコロナウイルス騒動で、

金融機関の考え方も変わっていくことが予想されます。

 

 

銀行と「保険と証券」のハイブリッド時代に

遅れを取らないよう、私もしっかり学び続けます。

 


 

じんFP事務所では、

確定拠出年金投資教育・ライフプラン研修を実施しております。

 

助成金の活用を含め提案しますので、

まずは、お気軽にお問い合わせください。

じんFP事務所

代表

祖父江 仁美

お問い合わせ

  • クレド活用のご提案
  • お客様の声
  • 実績
  • コラム
  • 人物紹介
  • イデコ
  • SBI証券の企業型確定拠出年金制度

column
コラム

お気軽にお問い合わせください

contact