じんFP事務所は名古屋の中小企業に特化したFP事務所です

コラム

2020/03/25

老後資金はどのくらい必要?人生100年時代を考える!

 

コロナウイルスの影響で

将来に不安を抱えた方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

人生100年時代

 

 

いつまでも健康で働いていられるといいですが、

そうはいきません。

 

<老後>目的で備えることも大切です。

ゆとりある老後を送るために夫婦2人で必要な資金は、約34.9万円。

最低限の生活を送るのに約22万円と言われております。

65歳から35年夫婦で過ごすとなると・・・

 

34.9万円×12カ月×35年=1億4,658万円

約1億5,000万円必要なんですよね!

 

貯金するだけでは、

毎月20万~35万ほどの貯金が必要です。

会社員の初任給が約20万ほどなので、

毎月の生活と中期的な支出(マイホーム・教育費・介護など)を考えると厳しいのがよくわかりますね。

 

ちなみに1億5,000万円の中には、

「老齢年金」と「退職金」が含まれます。

 

30歳の方だと毎月7万くらい年金が受け取れると言われており、

自分で準備しなければいけない金額が、

ゆとりある老後を送るために夫婦2人で必要な資金は、

約34.9万円-約7万=約28万円。

最低限の生活を送るのに

約22万円-約7万円=約15万円と言われております。

 

貯金以外の方法で、

上手に資産形成していきたいですね。

 

 

Ideco(確定拠出年金)を活用した老後資金の運用

確定拠出年金の相談承ります

 

貯金だけでは、不足額を補うことが非常に厳しいです。

「貯金」と「運用」、両方のバランスを取りながら

少しずつはじめていきましょう。

 

<老後>目的の投資であれば、

確定拠出年金(iDeCo)の活用をオススメします。

 

確定拠出年金は、2001年に日本に導入された比較的新しい制度です。

税金と金融商品の運用管理費用の面でかなりお得です。

 

 

ただ積み立てるだけでなく、

積み立てた年金資産の運用が求められます。

運用は、「投資信託」で回すので積極的に情報収集が必要となります。

 

 

30年後は、社会の仕組みも変わる

 

税率が上がったり、制度が変わったり、

30年後も社会の仕組みが、今と全く一緒ということはないでしょう。

 

  • ▪退職金は、順当に出るのでしょうか
  • ▪社会保険は適用されるのでしょうか
  • ▪物価は、上がっているでしょうか
  • ▪年金は受け取れるでしょうか

 

絶対は、ないです。

もしかしたら会社に勤めることが、希少になるかもしれません。

 

ただ、平均寿命が延びて

人生100年時代になることは間違いありません。

 

必要な生活費が、増える可能性もありますね。

物価があがれば、貯金の価値は下がります・・・。

 

人生100年時代を考えて、

「貯金」と「運用」、両方のバランスを取りながら

少しずつはじめていきませんか。

じんFP事務所

代表

祖父江 仁美

お問い合わせ

  • クレド活用のご提案
  • お客様の声
  • 実績
  • コラム
  • 人物紹介
  • イデコ
  • SBI証券の企業型確定拠出年金制度

column
コラム

お気軽にお問い合わせください

contact